FC2ブログ

僕が、僕が、「何者」の感想で一番書きたかったこと(ネタバレ)

※今回の記事は、雑な下ネタが書かれているので、そういうのが苦手な人は読んじゃダメ!

なんとなく槇原敬之さんのこの曲を貼っておきますね↓




もうね、先日観た映画「何者」が非常にストライクでしてね…(しみじみ)。こんなつぶやきを投下した後、つまらない裏アカを作ってから雑な感想をアップして、さらに原作小説も読んでみたんですが、これがまた面白くて。なんて言うんですかね、映画でわかりにくいところが補完できたのも良かったけど(拓人の裏アカがバレる過程とか)、何よりも本作の映像化が見事だったことが再確認できたというか。例えば、ラストの「里香が拓人に説教する場面」とか、文章だけだと非常に冷徹なイメージでして。ハッキリ言って僕が拓人だったら「殺すか (゚⊿゚)」と。いや、自分が悪いのは重々承知ではあるものの、あれほど言葉で心を折られたら、もう殺るしかないですよ。ところが、映画では二階堂ふみさんが感情を込めて言う上に、最後に泣き崩れるから、「007 スペクター」のバウティスタのように「両目を親指で潰す」ぐらいで勘弁してやろうと思うワケです(どちらにせよアウトな着地)。


原作小説の里香に対しては、花山薫ライクに思ってしまいがちですが…。
殺すか...

映画の里香は、こんな風に泣き崩れるということで。
泣き崩れる里香

このぐらいで許してやろう…って、十分酷い!(°д°;) ヒィィ
バウティスタの目潰し


というか、今年ベストの作品である「DOGLEGS」の感想では恥ずかしくて書けなかったことを「何者」を観ることであらためて自覚したのも大きくて。正直なところ、「リング上ではスター選手として活躍しながらも、日常では“一障害者”でしかなくて仕事もままならないサンボ慎太郎選手」を見て、「映画ブロガーとしてそこそこ有名ではあるものの、実生活では大したことない自分」を重ねたからこそ、あの映画にグッときた部分もあったんですよ。ただ、それはあまりに不遜だから書かなかったんですが、今年の夏に「タマフル24時間ラジオ」に出演したりすると、あの時間が“かけがえのないもの”なのは確かなんですけど、自分の中のギャップがまた大きくなる部分もありまして…。ううむ、上手く書けませんが、「何者」はそういう“面倒くさい僕の自意識”にスゲー響いたというね…。


「DOGLEGS」の予告編を貼っておきますね↓ 良い映画なので、機会があったら観てみて!




さて、今回の本題。先週の土曜日は時間が足りなくて、感想の中で上記のようなことが書けなかったんですが、実はそれ以上に「一番書きたかったこと」が欠落してたのです。たぶん「映画の感想を書いている人」はわかってくれると思いますけど、映画鑑賞中に感じたことを忘れてしまって、後でやきもきすることってありませんか? 僕がこの「何者」を観ていた時、「あっ、これは忘れないようにメモを取っておこう!Σ(゚д゚)」と思ったこと自体は覚えていたんですよ。でも、周囲の迷惑になりそうだからメモを断念したら、すっかり忘れてしまって… (´・ω・`) 先日の宇多丸師匠の時評の時、もしかしたらそれが思い出せるかもと期待しながら聞いたんですが、それもなくて。せっかく感想を頑張ってアップしたのに、大切な“何か”が失われている感じがして、釈然としなかったんですが、しかし! 原作小説を読んだら、鮮やかに思い出したのでね、チョロッと書き残しておきますよ。「電車内で瑞月が拓人に身の上話をする場面」で、瑞月が自分の母親がヒステリーになったことを話した瞬間、僕はこう思ったのです↓


(`∀´)
「女性のヒステリー解消にはバイブが一番」って、
「ヒステリア」で描かれていたから、今回の感想はバイブ中心で行こう!



思い出さなければ良かったーー ('A`) 確かに恐ろしいほどに僕が考えそうな下ネタではあるものの、こういうのに後から客観的に向き合うとマジで己を殺したくなるというか。こんなくだらないことを必死にメモろうとしていた自分に心底ガッカリですよ。世の中には忘れたままの方が良いことだってある。そんなことを噛み締めた秋の夜なのでした。おしまい。







テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

2016/10/28 21:05 | どうでも良い文章TRACKBACK(0)  TOP

「対奧さん用スペシャル・ホールドを出した!∑(゚Д゚)」という駄話

※今回の記事は、僕以外の人には本当にどうでも良いし、イラッとするNOROKE要素が盛り込まれているし、なおかつ性的な文章が書かれているので、読まない方が良いです。

まず、「グラップラー刃牙完全版」第18巻の一コマを貼っておきますね。
対オーガ用スペシャルホールド


「ここにいる全員がーー」「対オーガ用スペシャル・ホールドを使用う日を夢見ていた」。「グラップラー刃牙」の最大トーナメント編にて、闘技場に乱入した範馬勇次郎に向き合ったアレクサンダー・ガーレンを「抜けがけはいかんなァ」と制止しながら、上記の台詞を吐くアントニオ猪狩は本当にカッコ良かったです。まぁ、「猪狩の“対オーガ用スペシャル・ホールド”って、もしかして朱沢江珠のそっくりさんだったの? (゚д゚;)」と考えると切なさも感じるワケですが、その“対○○用スペシャル・ホールド”という響きには今も痺れているのです。

そんな僕が“対奧さん用スペシャル・ホールド”を思いついたのは、2006年の10月のこと。結婚して1年8ヵ月が過ぎたころ(「テイク・ディス・ワルツ」の感想の時に結婚4年目と書いたのは、カン違いでした (ノ∀`) スミマセン)、一緒にお風呂に入っていた時、何気ない会話の中で、奧さんが「結婚10周年には指輪がほしいなぁ (・ε・し」なんて言ってきたんです。最初は「ずいぶん気が早い話ですな」「じゃあ、その時は2人の貯金を崩して買えばいいか」程度に考えていたんですが…。ふと「奧さんに内緒で貯めたお金で買ったら、超喜ぶんじゃね?∑(゚Д゚)」と思いつきまして。この時からずっと、毎月2〜5千円のお金を貯めるようになったのです。

コラムニストのジェーン・スーさんが著作「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」の中で「男は好きな女を喜ばせたがる」という分析をされてましたが、そりゃそうで。だって、好きな人の喜ぶ顔が見られたら、そりゃうれしいじゃない好きなんだもの。とは言え、毎月、「映画を観に行った!ヽ(`Д´)ノ」とか、「DVDを買った!ヽ(`Д´)ノ」とか、お金を使いまくっているうちのたかだか2〜5千円。我ながら、“毎月のコツコツ感”は評価してほしいものの、冷静に考えれば大したことはないというかさ。ウチの奥さんはツンデレタイプなんですけど、娘のマナ子(仮名・2歳)を産んでからは、“母化”したことにより「ツン」の要素がハードになってしまったので、「まぁ、アッサリ流される可能性が高いかもなぁ (´・ω・`)」と。正直なところ、その反応に過剰な期待は抱いてなかったのです。


「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」は男が読んでもタメになるので、気になる人はチェックしてみて。




で、10月の話。世知辛い話ですが、僕の仕事が上手く行ってなくて、この月から収入が大幅にカットされまして (o^-')b Just cut、ソウ! ある日曜の夜、2人の収入を照らし合わせて、今後のことについてや、この世に生きる喜び、そして悲しみのことなどを話し合ったのです(少しウソ)。


超良い歌なので貼っておきますね↓ 




一応、ウチの基本方針は、生活費や家のローンは僕の収入から出すことになっており、奧さんは食費を担当してまして(僕の平日の食費は別)。で、同じ通帳にいくらか貯金をして、残りはお互いの交遊費になるって感じ。ただ、収入の減少により、かなり厳しくなってしまったので、とりあえず僕の交遊費を削るのはもちろんのこと、スカパーを解約したり、貯金の額を減らしたりして…。決して景気の良い話ではないので、なんか2人とも結構ダウナーな雰囲気になってしまったんですが、しかし!

その瞬間、「多少でも明るい話題を」と僕の頭をよぎったのが、“対奧さん用スペシャル・ホールド”の存在。本当は年明けに言うつもりだったけれども、この状況が変わるならと通帳を見せて、「実は… (;`∀´)」と切り出したら! なんと奧さんが号泣したから超ビックリ! いつも気丈な奧さんが「にいにい(すみません、僕は彼女からこう呼ばれております…というNOROKE! m9・∀・) ビシッ)はこんな無理しなくていいの…川ノДT)」「にいにいとマナ子ちゃんが元気でいてくれれば、アタシは幸せなの…川ノДT)」って泣く姿に僕も超ウルウルしながらも、「最近は鬼のようだった奧さんが泣いている→鬼が哭いた…」と脳裏に鎬昂昇の顔が即浮かんだのは、我ながらアウトな気がしたりもした次第。


ご老公に悩みを打ち明ける鎬昂昇の画像を貼っておきますね(「グラップラー刃牙完全版」第2巻より)。
131130-f2.png


そして、ここからゲスな話になりますが…。約3年振りのセックスができるのではないかと。本当にね、以前はむしろ奧さんから誘われるほどで、僕は1カ月に1回できれば全然OKというか、むしろ2ヵ月に1回でも良かったくらいだったんですけれども。まったくその機会がなくなると、日々高まる僕の中の小宇宙とセックス幻想(ファンタジー)。かむり気味な股間が神衣と化すほどに熱く燃やせ&奇跡を起こせ!ヽ(`Д´)ノ ナニコレ 

一応、貼っておきますね↓ 名曲!




って思っても、奧さんの邪気のない顔を見ていると、セックスの「セ」の字も言い出せないムード。そうか、セックスは無理か。まぁ、確かにマナ子を1人で寝かせて、「アンチクライスト」のオープニングみたいなことになったら超イヤだしね(縁起でもない文章)。というか、僕が一番欲しかったもの=奧さんの喜ぶ顔が見られたから十分満足なのです…というNOROKE! m9・∀・) ビシッ


まぁ、貼っておきますよ↓ イヤな映画ですよね…。




ということでね、この日以来、結構奧さんの当たりがマイルドになって良かったんですが、よくよく考えると、結婚生活はこれからもまだまだ続くと言うことで、現在、「次の“対奧さん用スペシャル・ホールド”をどうしよう…(´Д`;) アアン」と悩んでいたりもするのです。もし、良いアイディアをお持ちの方がいましたら、教えていただけると幸いです m(_ _ )m オシマイ




テーマ : たわいもない話 - ジャンル : 日記

2013/11/30 21:30 | どうでも良い文章TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |