FC2ブログ

三角絞めでもてなして

「三角絞めでつかまえて」(http://ameblo.jp/kamiyamaz/)の避難所的なブログです。

レッド・スパロー(ネタバレ)





レッド・スパロー 

レッドスパロー 

 原題:Red Sparrow 
2017/アメリカ 上映時間140分 
監督:フランシス・ローレンス 
製作:ピーター・チャーニン、スティーブン・ザイリアン、ジェンノ・トッピング、デビッド・レディ 
製作総指揮:メアリー・マクラグレン、ギャレット・バッシュ 
原作:ジェイソン・マシューズ 
脚本:ジャスティン・ヘイス 
撮影:ジョー・ウィレムズ 
美術:マリア・ジャーコビク 
衣装:トリッシュ・サマービル 
編集:アラン・エドワード・ベル 
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード 
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ、キアラン・ハインズ、ジョエリー・リチャードソン、ビル・キャンプ、テクラ・ルーテン、ダグラス・ホッジ、サキナ・ジャフリー、セルゲイ・ポルーニン、セバスティアン・ハルク 
パンフレット:★★☆(720円/もう少し読み物があっても良いのではないでしょうか…)
(あらすじ)
事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。(以上、映画.comより)

予告編はこんな感じ↓
 

 


 

70点

※原作小説との比較などが知りたい方は、雁丸さんのブログが超タメになるので、読んでみて!

最近は「逆境にめげない女性が主人公の映画」に名作が多い印象がある上に(「お嬢さん」とか「ドリーム」とか)、「アトミック・ブロンド」「悪女/AKUJO」などの「女工作員ムービー」は大好物だし、主演のジェニファー・ローレンスも好きだったので、それなりに楽しみにしてましてね。 公開開始から間もない4月1日=ファーストデーサービスを利用して、TOHOシネマズ新宿にて、「去年の冬、きみと別れ」とハシゴ鑑賞いたしました。面白かったザンス (・∀・) ヨカッタ! ちなみに上映中、最前列に「輝度を下げているから大丈夫だろうとスマホを見まくっている迷惑なバカ」がいて、席がかなり離れていたので注意もできず、仕方なく「劇場を出た瞬間、手が腐ってもげてしまえ!」と呪いをかけていたら、親切な人がそのバカを注意してくれた…ということは備忘録として書き残しておきますよ(偉そうに)。


3番スクリーン、日曜日ということも影響したのか、ほぼ満席でした。
3番スクリーン 


お話を超雑に書いておくと、性接待を強要することで知られるボリショイバレエ団にてブイブイ言わせていたバレリーナのドミニカ(ジェニファー・ローレンス)ったら、公演中に“世界一優雅な野獣”セルゲイ・ポルーニンによる流星キックで足を骨折し、バレエの道を絶たれまして。このままでは今の家から追い出されて、病気の母親の治療が払えなくなっちゃうということで、ロシア情報部の幹部である叔父ワーニャ(マティアス・スーナールツ)の計らいによって、実はわざと彼女を負傷させたセルゲイに復讐を果たした後、「ある男をホテルで誘惑する」という初めてのハニートラップに挑むんですけれども。レイプされかけた上に、男が殺されるところを目撃したため、「死ぬか、スパイになるか!m9`Д´) ビシッ」の2択を迫られて、工作員(a.k.a.スパロー)養成機関で訓練することになるのです。


この暴行によって、バレリーナ人生がアッサリ終わったドミニカ。
流星キック! 

プーチンに激似な叔父ワーニャの斡旋により、「はじめてのはにーとらっぷ」に挑戦だッ!(BGMは「ドレミファだいじょーぶ」)。
叔父ワーニャの斡旋 

ところが、相手にヤラレそうになった瞬間、暗殺者が殺害! 目撃したドミニカは工作員ロードを歩むことになるのでした。
初めてのハニートラップ 


養成機関は、錠前を開けるテクを学んだりするだけでなく、冷徹な女監督官(シャーロット・ランプリング)が「体は国家のものなのだから、みんなの前で全裸になりなさい 川 ゚д゚)」とか「性犯罪者にフェラをしなさい 川 ゚д゚)」(これは別の訓練員への命令)といった常軌を逸する無茶振りをしてくるから超大変なんですが、しかし。ドミニカは自分をレイプしようとする同期を返り討ちにしたり、そいつとセックスさせられそうになって全裸になるも言葉責めで勃たなくしたりと、タフに自分を貫くから大したもんだ(偉そうに)。そんなこんなで、すっかり1人前となったドミニカは、モスクワでCIAのネイト(ジョエル・エドガートン)が失態を犯したことにより、その存在が明らかになった内通者「モグラ」の正体を探るべく、現在はブダペストに異動しているネイトの元に送り込まれるというね。


養成機関の訓練は、雪の中を走ったりするだけでなく、周囲の前で脱ぐことを要求されたりと、かなりキツイのです。
早く脱げよ 


ブダペストでは「セクシー水着で誘惑しているようだが、人を誘惑することに長けた工作員“スパロー”であることはお見通しなので、CIAの協力者になれ!(`∀´) オミトオシ!」とか「アタシがスパローということをあえてわからせた上で、あなたから内通者の情報を探るつもりなのよ!( ̄ー ̄し フフッ」といった感じで、2人は恋に落ちたような、やっぱりお芝居のような、モヤモヤしたムードで話は進みましてね。あーだこーだあって、ドミニカがCIA主導の作戦に参加するもバレてしまって、情報庁に拘束されてハードな拷問を受けるも、「アレは任務としての行動だったのYO!(´Д`;し シンジテー」と必死にアピールすることで、やっと解放。這々の体でネイトのところに戻ってみれば、情報庁のスゴ腕暗殺者マトーリン(セバスチャン・ハルク)が彼を拘束して拷問をスタートしたので、積極的に加担する…と見せかけて反逆するのだッ!ヽ川`Д´)ノ ブッコロス


「こんなプールで、ずいぶん露出度の高い水着を着てるなぁ… (・ε・) ヘンナノ」と気になったネイト。
水着にドキッ! 

パーティで再会すると、すっかり仲良し…になったのか、どうなのか…(意味深なムードで)。
プールで会ったね 

あーだこーだあって、情報庁から“裏切り者”の嫌疑をかけられて、タオルの上から棒で叩かれたり…。
タオルの上から棒で! 

水や音で責められるんですが、なんとか乗り切って、ネイトのところに戻ってみれば。
水責め 

最凶の暗殺者マトーリンがネイトを襲撃! ドミニカも拷問に参加するんですが…。
暗殺者マトーリン登場! 

途中で裏切って、なんとかマトーリンを倒すというね。
マトーリンを殺害! 


さすがのドミニカも「味方を殺しちゃったら誤魔化しようがないネー (´・ω・)(・ω・`し ネー」と困っていたら、情報庁のコルチノイ将軍(ジェレミー・アイアンズ)が現れて、「オレがモグラだYO!ヘ(゚∀゚*)ノ ホエホエ!」とカミングアウト。自分の首を差し出すことで、今度はドミニカが内通者になることを提案して来るも、なんとドミニカのすべてのベクトルは“自分をこんな過酷な状況に追い込んだ叔父ワーニャへの復讐”に向けられており、見事に濡れ衣を着せてワーニャがモグラ認定された上に射殺されるから超ざまぁ!m9・∀・し ザマァ! 最後は、政府からめでたく表彰されて、自宅にいたら電話がかかってきて、受話器からは初めて踊った&ネイトとの思い出の曲が流れてきて終わってたような気がするけど、実際はどうだったっけ…(煮え切らない着地)。


実はこの人がモグラでした。まぁ、そんなことだろうと思ってましたよ。
オレがモグラだったのさ 

でも、ドミニカの策略により、ワーニャがモグラ認定されて、射殺されるのでした〜 (´∀`) アラアラ
ワーニャに濡れ衣を! 

ラストは表彰されるも、彼女からは“自由の身からほど遠いムード”が漂ってましたよ。
表彰されました 


同じ「ロシアの女工作員モノ」である「アトミック・ブロンド」と比べると、アクションシーンがほとんどない代わりに、意志の強さと頭脳で勝負する感じ。バレエのシーンはさすがに肉付きが良すぎる気はしましたが(ほとんど代役が踊っているそうな)、拷問されたり、わずかながらリアルな暴力シーンをこなしたり、ヌードを見せたりと、ジェニファー・ローレンスが体を張りまくっていて、それだけでも映画代の元は取れたなぁと。相方のジョエル・エドガートンも安定の名演で良かったです。その他、養成機関の描き方が面白かった以上に、暗殺者マトーリンの拷問描写が最高でしてね…(しみじみ)。ドミニカのせいで同室のマルタが拷問されて死ぬんですが、その時、皮膚が四角く剥ぎ取られていたんですよ。で、「これはどういうことかな…」と思っていたら、終盤、マトーリンがコンパクトな電動カンナみたいな道具でネイトの皮膚を剥いでいくから、「これは新しい!Σ(゚д゚;) スゲェ」と感動。フレッシュな拷問描写はいつだって僕らの胸をときめかせてくれますな〜(勝手に他の人も同じ趣味に巻き込んだ文章)。


映画中盤、ドミニカのせいでマルタが死ぬんですけど…。
拷問されて死んだマルタ 

この足の傷を見て! どういうことかと思ったら、皮膚を剥ぐ最新アイテムがあったのです (´∀`) ナァンダ
四角く剥ぎ取られた皮膚 

拷問器具を広げるシーンとか、マトーリンは実に良いキャラだったり。
拷問道具 


ただ、ほどほどの満足度だったのは、ごめんなさい、やっぱり「アトミック・ブロンド」のようなアクション中心の工作員映画の方が好きだったからーー (ノД`) スミマセン いや、ジェニファー・ローレンスは本当に頑張っていて、魅力的だったんですけどね…。あと、マティアス・スーナールーツがノイズだったというか。だってさ、本当にプーチン大統領に似てる上に工作員の話だから、最初に登場した時は「これって『のちの大統領である』的な映画なのかな… (`Δ´;)」とカン違いしたほどであり、なんか出てくるたびにそこが気になっちゃった次第。


「リリーのすべて」の時もノイズになったんだよなぁ。本人はまったく悪くないんですがー。
プーチンに似ているマティアス・スーナールツ 


まぁ、何はともあれ、面白かったザンス (・∀・) ヨカッタ! 福田事務次官のセクハラ問題や、TOKIO山口達也メンバーの強制わいせつ事件とかの被害者たちをハニートラップだなんだと言うのは心底バカバカしいワケですが(どちらも権力を持つ男のクズ話でしかない)、とは言え、本作の“スパロー”のような女性たちが現実にいたらマジで恐ろしいというか。もし僕が「全裸で後ろ手に縛られて床に座っている状態で、同じく全裸にストッキング姿で椅子に座った女性に、足で股間を優しく弄ばれる」という願望を抱いていることを見抜かれたらどうすればいいのだろうか…。そんな「まんじゅう怖い」ライクな文章を残して、この感想文を終えたいと思います (゚⊿゚) アホカ




 元CIAの作家が書いたという原作小説。下巻もあります。
 
 


 デジタル盤のサントラ。輸入盤もあります。
 
 


 フランシス・ローレンス監督×ジェニファー・ローレンス主演作。僕の感想はこんな感じ
 


 どうしても連想してしまうシャーリーズ・セロン主演作。僕の感想はこんな感じ
 
 


 さらに連想してしまった時代劇シリーズ。このDVDBOX、いつか買うんだ…(親友に語るような口調で)。 














  1. 2018/05/20(日) 23:55:00|
  2. 記事(2018)
  3. | トラックバック:0

ミッドナイト・ランナー(ネタバレ)





ミッドナイト・ランナー

ミッドナイト・ランナー

原題:청년경찰 Midnight Runners
2017/韓国 上映時間108分
監督・脚本:キム・ジュファン
撮影:チョ・サンユン
編集:キム・チャンジュ
音楽:チョン・ジノ
出演:パク・ソジュン、カン・ハヌル、パク・ハソン、ソン・ドンイル、イ・ホジョン
パンフレット:★★★(800円/インタビューが充実しているのは良いけど、韓国の警察大学のことなどが知りたかった。無理ですかね)
(あらすじ)
警察大学で学ぶ血気盛んな行動派のギジュン(パク・ソジュン)と論理的で原理原則を重視する頭脳派のヒヨル(カン・ハヌル)は親友同士。ある時、外出先で偶然、拉致事件の現場に遭遇した2人は、学校で教わったとおりにすぐに通報するが、手がかりの複雑さや証拠不足から捜査はなかなか進展しない。時間だけが過ぎていく中、ギジュンとヒヨルは自ら捜査に乗り出すのだが……。(以上、映画.comより)

予告編はこんな感じ↓




80点


最初は「無理して観なくても別に良いかな (・∀・)」気分だったんですけど、何かの時に予告編を観たら面白そうだったので、前売り券を買いましてね。仕事だアトロク出演だとバタバタして、なかなか足を運べなかったものの、公開から約1ヵ月経った4月下旬、3度目の「バルト9」の準備をしてから、シネマート新宿で鑑賞いたしました。「スゲー面白いけど…いろいろ気になる…けど、スゲー面白いなぁ… (`Δ´;) ヌゥ」という感想でしたよ。


前売り特典は、海外版ビジュアルポストカード。「2種類ほしい人は2枚買え!m9`Д´) ビシッ」という韓流ファンの足元を見た商売。
海外版ビジュアルポストカード

一緒に写真が撮れるスタンディが設置されてました。
スタンディ

劇場は、狭めのスクリーン2。確か8割ぐらいは入っていたような。
スクリーン2


最初にあらすじを雑に書いておくと、警察官を目指す警察大学にて、“熱血系行動派の食いしん坊で母子家庭”のギジュン(パク・ソジュン)と“成績優秀なメガネ担当で実家がそこそこ裕福”なヒヨル(カン・ハヌル)は親友になりまして。ある日、外出して夜遊びをしてみれば、目の前の路上で若い女性が黒塗りのバンに拉致されるのを目撃! 警察に通報してみれば、管轄署は他の誘拐事件の捜査で忙しいということで、拉致犯罪で殺される確率が高い“クリティカルアワー(7時間ぐらい)”の間に被害者を救うべく、授業で習った捜査の三要素“現場、証拠、被害者中心捜査”を学生なりに実践して、夜の街を走り回る…といった感じ。で、拉致したのは“ソウルの大林洞(デリムドン)に住む中国朝鮮族で構成された犯罪組織”であり、「家出少女たちに排卵誘発剤を使いまくって卵子を増やし、不妊治療をおこなっているクリニックに売る」という非道いにも程がある犯罪がおこなわれていたことが発覚。とは言え、韓国警察は忙しいということで、警察大学のヤン教授(ソン・ドンイル)からは「捜査したら退学だぞ!(`・ω・´) キリッ」なんて警告されながらも、ギジュンとヒヨルは特訓してから警察の装備を借りて、敵のアジトへ2人で殴り込み!ヽ(`Д´)人(▽Д▽)ノ ブッコロス! 事件を見事解決すると、処分は「留年&奉仕活動」で済みまして。最後は、掃除をしている2人のもとに助けられた女性がお礼を言いにきて、「我々はまた戻ってきます」といった“続編を匂わすテロップ”が出て、終わってた気がします。


ギジュン(右)とヒヨルは、性格も家庭環境も対照的ながら、警察大学で親友になりまして ( ・∀・)(▽∀▽ ) ナカヨシ
ヒヨルとギジュン

恋人を作りに夜の街へ繰り出したら、拉致事件を目撃してしまうのです!Σ(゚д゚;(▽д▽;) タイヘーン!
目の前で拉致!

警察がすぐに捜査してくれないので、授業で習ったことを実践しながら勝手に捜査をスタート!(`Δ´;)(▽Δ▽;) ヌゥ
自分たちで捜査!

犯罪組織を突き止めるも、暴行&監禁されたり、警察に拘留されたりと散々な目に遭ったりしてね… (・ω・;)(▽ω▽;) ウーン
まだ学生だ

だがしかし、敵のアジトを突き止めたので、ハードに特訓→焼き肉を食う→武装して殴り込むのだッ!ヽ(`Д´)人(▽Д▽)ノ ウォォォォッ!
殴り込み準備


もうね、超面白いバディモノでしたよ。主人公たちのキャラ設定は何万回も観たような気がするほどベタなんですけど、演じたパク・ソジュンとカン・ハヌルの相性がスゲー良くて。コメディながら予想外にハードな話だし、主人公たちもなかなか恐ろしい目に遭うんですけど(リンチされてから半裸で吊されたりする)、結構厳しい状況下でも、2人の掛け合いを観ているだけで楽しい気分になってくるという不思議。韓国で大ヒットしたのも頷けるなぁと。強い敵にやられた後、ちゃんと特訓するシーンが用意されているのは燃えたし、「何のために警察官になるのか」と迷っていた2人がその理由を見つける展開も良かったし、2人が仲良くなるエピソード(卒業試験で足をケガしたヒヨルをギジュンが見捨てなかった=見て見ぬ振りをしない)が“2人が勝手に捜査したことが許されるオチ”に繋がるあたりも良い脚本じゃないでしょうか。僕的には、ヤン教授が2人をかばって言う「他人のために一晩中、走り回れる人間」という台詞にグッときたというか。「だから英題&邦題が『ミッドナイト・ランナー』なのか!Σ(゚д゚)」(原題は「青年警察」)と感心いたしました。


こういう特訓シーン、大好物でございます (・∀・) オイシー
特訓!


僕が本作で最も良かったのは、格闘アクション。また学生で実戦経験がないから、ギジュンは柔道ベース、ヒヨルは剣道ベースで戦うんですが(韓国警察も柔道と剣道が選択制なんですかね?)、「勢いはあるけど未熟」というファイトスタイルがしっかりと描かれていて。なんて言うんですかね、殺陣が乱暴で面白いんですよ。あと、本職の人に聞いたら全然違うかもしれませんけど(汗)、僕は格闘アクションの中でも「人を投げる&投げられる」のが一番大変だと思っているので、ギジュンの投げが炸裂しまくるシーンはフル勃起でした(心が)。クライマックス、ラスボスとの2vs1のバトルも未熟な2人が雑ながらも必死に食らいつく→敵の体力を削っていくのが最高で、何度でも観たいぐらい好きでしたよ (´∀`=) ウフフ


アクションは、あえて未熟に見えるように撮っているのが良いのです。
飲食店での乱闘

悪党コジュンとのラストバトルは、手に汗握りました (´Д`;) ハラハラ
2vs1バトル


とは言え、実は気になるところもスゲー多かったりしてね…(遠い目)。いや、僕が警察学校を出たのはもう20年以上前の話ですし、それは日本の警察学校の話だし、そもそも僕の「元警官」というプロフィールがショーンKさんライクにウソだったという可能性がないとも言い切れないので(余計な文章)、警察学校描写で微妙に感じたところは置いとくとしても。「家出少女を拉致&監禁して卵子を勝手に採取する」なんて超凶悪犯罪組織の存在が明らかになっているのに、「今、忙しいから捜査は後回し!( ゚д゚)」なんて警察組織、あり得ます? 2人が最初にアジトに乗り込んだ時点で110番通報しないのもどうかと思ったしさぁ(「携帯の電波が通じない」なんて描写もないし)。「警察学校の生徒が事件を解決する」という物語のために警察を無能に描いているように見えて、少し萎えたんですよね…。もしかすると韓国では当たり前なのかもしれませんが、本作の警察のお役所振りはさすがにやりすぎじゃないでしょうか。つーか、「映画秘宝 2018年 05 月号」Tsuneglam Samさんの紹介記事によると、本作はソウルの大林洞を「犯罪者の巣窟」的な描き方をしたため、中国朝鮮族の団体から上映中断と制作陣の謝罪を要求された…ということも記録として残しておきますよ(偉そうに)。


それと、劇中では「良いこと」のように描いてたけど、電話1本でこの先輩が勝手に防犯カメラをチェックするのもアウトだと思ったり。
ジュヒ(パク・ハソン)


な〜んて、ダラッと文句を書いちゃいましたが、基本的には「早く続編を作れ!ヽ(`Д´)ノ」と怒りたくなるほどスゲー面白かったです。警察描写は本当にどうかと思うんですけど、コメディアクションやバディモノが好きな人なら観て損はしないと思いますぞ。で、作品とはまったく関係ないんですが、当ブログは「僕が思いついたor連想したことはすべて書き残しておく」という主義なので、最後に書いておきますと。本作に出てくる「捜査の三大要素は“情熱、執念、本気”」というフレーズを聞いて、昔、某スナックのママの「水商売に必要なのは“元気、飲める、騎乗位”」という言葉を思い出した…って、どうでも良いですな (ノω・、) スミマセン




最近の韓国の警察モノで一番好きなのはこれです。僕の感想はこんな感じ



最近の日本の警察モノでグッときたのはこれですな。僕の感想はこんな感じ



警察官のバディモノで好きなのはこれかなぁ。僕の感想はこんな感じ



警察学校映画といえば、これですよね (´∀`) ナツカシー








テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/05/10(木) 21:00:00|
  2. 記事(2018)
  3. | トラックバック:0